【ホーム】   【精力剤】   【女性用媚薬】   【ダイエット】   【漢方薬】   【片仔廣】   【避妊薬】   【美容養身】   【同仁堂】   【中国茶】   【煙草】  
  会社概要 / 注文案内 / VIP特典 / 当店商品一覧 / 新着商品 / 人気商品 / 店長推薦 / 会員登録 / 新規登録(無料)
商品検索:
買物籠を確認/注文

  会員登録    新規登録
  注文追跡    資料の改正
  パスワ-ドの改正
  買物籠を確認/注文
  メールが届かないお客様へ
 活力源口服液(天仙液)
 愈消散8805 中国製
 眠楽夜来香カプセル
 速効救心丸120粒
 金[口桑]子喉片
 雲南白薬
 消渇清顆粒
 保心安油
 達克寧(霜剤)
More  >> 

精力剤  (117)
勃起促進
滋養強壮
ペニス増大
女性用媚薬  (48)
粉劑
液体
錠劑
ダイエット  (85)
脂肪燃焼
OB蛋白痩身素
即効ダイエット
果物ダイエット
ダイエット茶
漢方薬  (318)
補腎強身
糖尿病特効薬
口内炎、炎症
耳、目の用薬
不眠症、精神、頭痛
脳卒中、脳血管
便秘、痔、胃、腸
風邪、感冒、高熱
挫傷、関節、神経痛
婦科、更年期
前立腺、尿道
肝臓、腎臟薬
心臓疾患、高血圧
皮膚、外用藥
漢方抗癌
鼻炎、花粉症
喉の痛み、咽喉炎
止咳、肺
当店商品一覧 >>

携帯でもお買い物できます
i-mode/Vodafone/ezweb

http://www.kanpoubbs.com/i/
http://i.kanpoubbs.com

Google

    活力源口服液(天仙液)    
活力源口服液(天仙液)最低価格 :2350円!必見! 携帯用注文   Print  
活力源口服液(天仙液)
商品 価格 VIP価格
  活力源口服液(天仙液) 10mlx6本/箱 1箱 2600 円 2350 円
売り切れました
  活力源口服液(天仙液) 10mlx6本/箱 2箱 4700 円 4500 円
売り切れました
  活力源口服液(天仙液) 10mlx6本/箱 4箱 9000 円 8500 円
売り切れました
  活力源口服液(天仙液) 10mlx6本/箱 8箱 17000 円 16000 円
売り切れました
   

  【功能主治】:清熱解毒、散結止痛、益気生血。  

【商品説明&記事】・活力源口服液(天仙液)

天仙活力源口服液の紹介

天仙液は長白山の天然生薬を主原料とし、多種類の抗癌生薬成分を組み合わせて精製した複合抗癌制剤です。天仙液は1991年に開発成功後、更に高品質、高効能化を追求するため、大量の資金を投入し、新成分の開発や薬理研究及び臨床試験などが継続的に行い、新しい組方を数回も更新され、いま使用している天仙液はすでに第三代の最新製品で、薬の効能は勿論、製薬の面においても、最新真空抽出設備の導入によ閨A成分の純度を高め、同じの薬量でもより高い成分含有量を実現し、薬の効果が最大限度に発揮できるようになりました。

天仙液は特効薬ではありません、でも、悪性の病気や化学治療、放射線治療、手術前、また手術後には最も有効な補助食品である。痛みを減少する効果、命をを延長するなどは長年の経験で証明されています。、またがん患者は絶対に西洋医学の治療を放棄したり、偏見を持ったりしては行ません、西洋医学と漢方医学を併用して、漢方薬を補助療法としてより効果的です。

天仙活力源口服液のご使用前に必ずお読みください

【功能主治】:清熱解毒、散結止痛、益気生血。
【対 応症 】
天仙液の基に開発された製品です。
各種ガンに対応でき、 80%以上の治療効果をあげています。
胃腸に優しく、副作用を最小限に減少しました。また、放射線治療や化学療法と併用る場合、それらの治療法による副作用を軽減できます。本製品は白血病にも著しい治療効果があります。

一方、ガンに対して直接、かつ確実に対応する邪作用が働き、健脾和胃(消化器系を守って機能を高める)、益肝固腎(肝腎機能を助ける、肝に栄養を与える)、補気養血(身体のエネルギーを補い、血を養って増やす)、調補陰陽(身体のバランスを調節する)など身体のもつ抗ガン能力を高め、正気を養う作用も考慮されています。

天仙系列製品は、漢方薬学の性味帰経(性は寒、熱、温、涼という四つの性質。味は辛、甘、酸、苦、咸、という五つの味。特別の薬効を持って特定の経路や内臓に作用する)、昇降浮沈(薬理作用に応じて上昇させたり、下降させたり、浮上させたり、沈めたりする)などの理論をもとに、処方配合の原則、君、臣、佐、使(君は処方の主薬、臣は主薬を助ける役割の薬、佐は治療する薬の強さによる副作用を抑制したり、ほかの症状を治療する役割の薬、使は処方全般のバランスを調整、あるいは主薬などを特定の所に引導する役割を持つ薬)の理論を加えた抗ガン漢方薬です。

こうした考え方に基づいて研究・開発された天仙系列製品は、世界中の30以上の医薬研究所や科学研究所で、科学的に天仙系列製品の薬理、薬効、毒理などに関する多面的な臨床観察を行っています。その抗ガン作用を証明する科学的データは、天仙系列製品の有効性が高いばかりでなく、ガン治療における幅広い用途があることも示しています。天仙系列製品は、世界中で開発されている抗ガン薬のなかで抑制作用が高い抗ガン漢方薬であるといえます。

 ガン治療及びガン予防を目的とした天仙系列製品による研究成果は、中期、末期ガンに対する治療効果では世界でも先駆的地位にあります。現在、ほとんどの抗ガン漢方薬は秘伝薬、民間薬、また市販薬にしても、世界的奇薬、神薬と呼ばれています。しかし、天仙系列製品のように、厳密に繰り返した薬理効果の実験研究及び長期間の大規模な臨床実験で、その有効性と国家の支持を受けて抗ガン薬と認定された漢方薬は、ほとんど存在しておりません。

このように天仙系列製品は中国医薬学理論により開発された複合漢方です。その理論の基礎は、中医学(漢方医学)のガンに対する認識から成り立っています。具体的にいえば、天仙系列製品は行気理気(気の流れをスムーズにする)、活血化(滞った血流をよくし固まった古い血を溶かす)、軟堅散血結(しこりを軟らかくして散らす)、清熱解毒(こもっている熱、炎症を抑える)、湿化痰(薬物を用いて湿邪を取り去る。痰を取り除く)、腐生新(腐った組織を排泄させ、新しいものを作る)などの理論をもとに、直接ガンを攻めることを重視した考え方です。 

天仙液製品の特徴

●特徴その一
天仙系列製品には多角度作用の機能があります。天仙系列製品の中には濃縮型天仙液のような複合型治療薬もあれば、各種癌病に対応する専門的な系列薬品もあります。薬物の配合により、違うがん病に対し、配合された薬物のもつ独特の効能を発揮し、多角度から臓器および血液系統、リンパ系統の癌細胞に作用し、癌細胞の増殖、転移を抑制します。

●特徴そのニ、
癌細胞を直接殺傷するとともに、からだの免疫機能を高める作用があり、患者自身の免疫力を中心とする生体防御機構の働きによってがん細胞の増殖や転移を阻止しようとの働きを引き出します。
癌で死亡した人の9割は原発巣の他に移転巣を持っていて、その移転後の「毒性」が人体に危害を加えて死に至らしめたケ−スがほとんどです。癌は発癌から癌細胞の増殖、転移、転移後の癌組織形成までの各ステップにおいて、癌細胞と人体の激しい戦いが繰り返されます。人体の防御機構は免疫機構です。これが勝てば癌を死滅させるか封じ込めることができます。
老人は何故発癌率が高いかというと、歳をとるにつれて、細胞内に蓄積されてゆく過酸化物によって遺伝子が傷つけられてがん細胞が現れますが、免疫系の能力も老化と共に低下して行くので、がん形成が多いのです。

天仙系列製品は、多種類抗癌生薬の巧妙の組み合わせにより、癌細胞を殺傷すると共に、人体の代謝機能を調節し、人体の正常防御機構の要素を活性化させ、人体免疫力を高めることができるのです。

●特徴その三、
天仙系列製品は多種類の天然栄養成分が含有しており、正常細胞の増殖作用や腎臓、肝臓機能の増強作用があります。体質の弱い患者も、短期間で体質の状況を改善することができます。天仙系列製品と放射線治療や化学療法に併用すると、されらの治療法による副作用も軽減できます。

・天仙液薬物総合治療常見癌症方案

通化長白山薬物研究所は、「天仙液」を利用する患者たちが、より治療効果を高められるように、各種の癌に対する治療方案『天仙薬物総合治療常見癌病方案』を公表しています。天仙系列製品の服用や購入する際の種類選択用としてご参考ください。

一、食道癌、胃癌、大腸癌、甲状腺癌、膀胱癌、腎臓癌、前列腺癌、悪性リンパ腫、骨癌、脳腫瘍の治療方案
【服用薬】
1.天仙液: 服用方法は天仙液の章に参考。
2.複方天仙膠嚢(旧名:天仙丸1号): 服用方法は複方天仙膠嚢の章に参考。
濃縮型天仙液と複方天仙膠嚢は必ずしも同時に服用する必要はありませんが、治療効果を高めるためには、両種類のくすりを同時に服用することをおすすめします。両種類のくすりを同時に摂取する場合、天仙液の服用量はそのままですが、複方天仙膠嚢は1回3〜4カプセルを1日3回で服用して下さい。

ニ、肺癌、喉頭癌、鼻咽頭癌、気管支癌、唾液腺癌の治療方案
【服用薬】
1.天仙液: 服用方法は天仙液の章に参考。
2.鶴蟾片(旧名:天仙丸5号): 服用方法は鶴蟾片の章に参考。
濃縮型天仙液と鶴蟾片は必ずしも同時に服用する必要はありませんが、治療効果を高めるためには、両種類のくすりを同時に服用することをおすすめします。両種類のくすりを同時に摂取する場合、天仙液の服用量はそのままですが、鶴蟾片は1回3〜4粒を1日3回で服用して下さい。

三、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵臓癌の治療方案
【服用薬】
1.天仙液: 服用方法は天仙液の章に参考。
2.益肝沖剤(旧名:天仙丸6号): 服用方法は益肝沖剤の章に参考。
濃縮型天仙液と益肝沖剤は必ずしも同時に服用する必要はありませんが、治療効果を高めるためには、両種類のくすりを同時に服用することをおすすめします。両種類のくすりを同時に摂取する場合、天仙液の服用量はそのままですが、益癌顆粒は1回1包(10g)を1日2〜3回で服用して下さい。

四、乳癌、子宮癌、卵巣癌、膣癌、輸卵管癌の治療方案
【服用薬】
1.天仙液: 服用方法は天仙液の章に参考。
2.宮頚癌片(旧名:天仙丸7号): 服用方法は宮頚癌片の章に参考。
濃縮型天仙液と宮頚癌片は必ずしも同時に服用する必要はありませんが、治療効果を高めるためには、両種類のくすりを同時に服用することをおすすめします。両種類のくすりを同時に摂取する場合、天仙液の服用量はそのままですが、宮頚癌片は1回3〜4粒を1日3回で服用して下さい。

天仙液に関するQ&A
Q 大腸ガンで出血した患者は天仙液を使用できるでしょうか?
A 大腸ガンの出血はほとんどの場合、腫瘍の破裂によるものです。天仙液を併 用すれば腫瘍を縮小することができまし、出血を止める働きもあります。普通に使用してもまったく問題ありません。

Q 天仙液はどのくらいの期間、服用すればいいでしょうか?
A 手術をしない場合は、腫瘍が完全に消えるまで飲み続けてください。
   腫瘍が消えた後は、蘭hのため、1か月分を3ヶ月かけてお飲みください。
 
手術をして、転移が発見された場合は、最低6ヶ月間、続けて飲み続けてください。
その後は、1か月分を3ヶ月かけて飲むペースで、5年間飲み続けてください。
手術をして、リンパ転移、あるいはそれ以外の臓器転移がない場合は、
通常3ヶ月間、飲み続けてください。
その後は、1か月分を3ヶ月かけて飲むペースで、5年間飲み続けてください。


Q 高血圧の人でも天仙液は使用できるでしょうか?
A 高血圧の方が降圧剤と天仙液とを併用しても問題ありません。

Q 天仙液と一般的な西洋医学の薬を同時に使用できるでしょうか?
A 天仙液を、抗ガン剤など西洋医学の薬と併用しても問題ありません。
できれば1~2時間、間隔をあけて飲んでください。

Q 天仙液飲んだ後、食欲がなくなったり、胃がもたれたらどうすればいいでしょう?
A 天仙液は陰の薬です。食欲がなくなったり、胃がもたれたら、
ハチミツをお湯で溶き冷ましたものか、細かく切ったショウガあるいはナツメを沸騰したお湯に入れ、それを冷ましたものと一緒に、天仙液を飲んでください。
もしそれでもおさまらない時は、天仙液を飲む30分前に胃の薬を服用してみてください。

Q 天仙液を飲んだ後、全身がだるくなったり、足に無力感を感じたり、
動悸やめまいをした場合、どうすればいいでしょうか?
A 体が虚弱になっているとそういうケースがあります。
   その場合は薬の量を減らし、まず1日1本を目安に飲み始め、徐々に量を増やしてください。

Q 天仙液を飲んだ後、熱が出た場合、どうすればいいでしょうか?
A 天仙液が体内に吸収され、発熱するのは正常な反応です。
   それは薬がガン細胞と戦っている証しです。そのまま薬を飲み続けて問題ありません。

Q 患部が痛む場合、天仙液を飲み続けて問題ないでしょうか?
A 飲み続けてまったく問題ありません。
   もし痛み止めの薬をご所望の場合は当方にご相談ください。

Q 天仙液をほかの漢方薬と一緒に飲んでもかまいませんか?
A ほかの漢方薬と併用してもまったくかまいません。
できれば30〜40分間隔をあけて飲んでください。

Q 天仙液の服用期間中になるべく避けたほうがよい飲み物や食べ物はありますか?
A 冷たい水、コンブ、蟹肉、鳥の皮、脂肪を多く含んだ食べ物は少し控えめにしてください。普通の食生活で食べる程度の量なら心配要りません。
また、できれば緑茶も控えてください。

Q 天仙液の服用期間中にさらに体力を増進させるために併用すべき漢方薬はありますか・?
A 「PQQ」など免疫増強剤などを同時にお飲みになることをお勧めします。

Q 放射療法の治療をうけながら天仙液を飲む場合、何に注意すればいいでしょうか?
A 粘膜の放射性炎症を起こしやすいので、なるべく消化しやすいものを食べるようにしてください。
さらにまた問題があれば何なりと当方にご相談ください。

Q ガンにより手や足がむくみリンパの循環が悪くなったときはどうすればいいでしょうか?
A 症状を詳しくうかがってから、最適な対処法をご紹介いたしますので、当方にご連絡ください。

Q 天仙液の系列の商品にはどんなものがあるのでしょうか?
A 中国で生産された「2代目天仙液濃縮型」と、香港で生産されている「チャイナbP」があります。
その違いは、ワシントン条約によって香港の「チャイナbP」には麝香(じゃこう)が使われていませんが、中国の「2代目天仙液濃縮型」には麝香が使われているということです。
麝香が入っていると成分の吸収時間が早くなるので、効箔Iに優れています

天仙液でガンを治療
ガン治療及びガン蘭hを目的とした天仙系列製品による研究成果は、中期、末期ガンに対する治療効果では世界でも先駆的地位にあります。現在、ほとんどの抗ガン漢方薬は秘伝薬、民間薬、また市販薬にしても、世界的奇薬、神薬と呼ばれています。しかし、天仙系列製品のように、厳密に繰り返した薬理効果の実験研究及び長期間の大規模な臨床実験で、その有効性と国家の支持を受けて抗ガン薬と認定された漢方薬は、ほとんど存在しておりません。

このように天仙系列製品は中国医薬学理論により開発された複合漢方です。その理論の基礎は、中医学(漢方医学)のガンに対する認識から成り立っています。具体的にいえば、天仙系列製品は行気理気(気の流れをスムーズにする)、活血化(滞った血流をよくし固まった古い血を溶かす)、軟堅散血結(しこりを軟らかくして散らす)、清熱解毒(こもっている熱、炎症を抑える)、湿化痰(薬物を用いて湿邪を取り去る。痰を取り除く)、腐生新(腐った組織を排泄させ、新しいものを作る)などの理論をもとに、直接ガンを攻めることを重視した考え方です。
一方、ガンに対して直接、かつ確実に対応する邪作用が働き、健脾和胃(消化器系を守って機狽高める)、益肝固腎(肝腎機狽助ける、肝に栄養を与える)、補気養血(身体のエネルギーを補い、血を養って増やす)、調補陰陽(身体のバランスを調節する)など身体のもつ抗ガン迫ヘを高め、正気を養う作用も考慮されています。

天仙系列製品は、漢方薬学の性味帰経(性は寒、熱、温、涼という四つの性質。味は辛、甘、酸、苦、咸、という五つの味。特別の薬効を持って特定の経路や内臓に作用する)、昇降浮沈(薬理作用に応じて上昇させたり、下降させたり、浮上させたり、沈めたりする)などの理論をもとに、処方配合の原則、君、臣、佐、使(君は処方の主薬、臣は主薬を助ける役割の薬、佐は治療する薬の強さによる副作用を抑制したり、ほかの症状を治療する役割の薬、使は処方全般のバランスを調整、あるいは主薬などを特定の所に引導する役割を持つ薬)の理論を加えた抗ガン漢方薬です。

こうした考え方に基づいて研究・開発された天仙系列製品は、世界中の30以上の医薬研究所や科学研究所で、科学的に天仙系列製品の薬理、薬効、毒理などに関する多面的な臨床観察を行っています。その抗ガン作用を証明する科学的データは、天仙系列製品の有効性が高いばかりでなく、ガン治療における幅広い用途があることも示しています。天仙系列製品は、世界中で開発されている抗ガン薬のなかで抑制作用が高い抗ガン漢方薬であるといえます。

規    格:10ml*6本/箱
製造元:通化振国薬業有限公司

【使用方法】・活力源口服液(天仙液)
天仙液は病状や体の状況により摂取量が異なり、一日3〜6本まで服用できます。
 体がかなり弱っている方が多目に服用しても完全に吸収できなければ無駄になってしましますが、食欲や体の状況がよければ、多目に服用したほうがより良い治療効果があり、速く癌細胞の増殖を抑えることができます。
 一日30ccを服用する場合:
1回10ccを一日3回、食事30分後に服用。
 一日40ccを服用する場合:
1回10ccを一日3回、食事30分後に服用と、寝る前に1本追加服用。
 一日60ccを服用する場合:
1回20ccを一日3回、食事30分後に服用。
服用時間について下の摂取時間表をご参考してください
本数 9:00 15:00 21:00 23:00 説明
3本(30cc) ★ ★ ★ 10cc 3回/日
4本(40cc) ★ ★ ★ ★ 10cc 4回/日
6本(60cc) ★ ★ ★ 20cc 3回/日
8本(80cc) ★ ★ ★ ★ 20cc 4回/日
【成分】・活力源口服液(天仙液)
花蛇舌草、麝香、氷片、山慈谷、莪朮、熊胆、人参、黄蓍、天花粉、女貞子、真珠、青黛、龍葵、他には10%の非公開成分を含んでいる。
活力源口服液(天仙液)の似ている商品

 
 
メールが届かないお客様へ    
 漢方特選 © 2006-2019